免許の取得を目指すなら調理師の専門学校で学ぼう

専門的な知識が学べる学校
ウーマン

専門的な科目がある

料理を行う職業につきたいという人は料理学校を目指すといいでしょう。色んなジャンルの料理に触れることができ、基礎から学べます。高校の資格が取れる料理学校なら中学卒業後すぐに入学することもできます。

レディ

求められる仕事

どんなときでも需要があるのが料理業界の良いところです。専門学校を卒業して調理師の資格を取得したら、たくさんの働き口から自分が希望するところを探しましょう。学校や結婚式場、ホテルなどいろいろなところで働けます。

料理のエキスパート

メンズ

レストランやホテル、料亭といった場所で料理を作っているのが調理師です。調理師というのは、お店のジャンルによっていろいろな呼び名に変わることがあります。例えば、レストランの場合はシェフと呼ばれることもあるでしょう。また、お寿司屋さんの場合には板前ともいいます。ただし、調理の場で働いているからといって全員が調理師と呼ばれるわけではないのです。調理師にはきちんと国家試験があり、それに合格した場合のみ調理師と名乗ることができます。しかも、調理師の技術は料理をするだけでなく、材料の仕入れや衛生面の管理といった調理に関する細かい部分までが求められるのです。そんな調理師を目指したいという人は専門学校を探すといいでしょう。なぜなら、免許を取得するための基準の一つに「調理の専門学校で勉強すること」が含まれているからです。

調理師免許の取得には2つの方法があり、1つ目が先程述べた調理の専門学校で勉強することです。正確には、専門学校に入学して1年以上勉強して卒業をすること、となっています。それをクリアすることで、無受験で免許の取得が可能なのです。2つ目の方法は、専門学校に通わずに飲食店で2年以上の実務経験を磨くことです。そして、調理師の試験に合格することができれば免許を取得することができます。専門学校に通う場合は、基礎的なことからしっかりと学ぶことができるでしょう。また、専門学校ならばいろいろなジャンルの料理に触れることもできます。海外へ留学して自分のやりたいジャンルを絞り込むことも可能なのです。

スイーツ

お菓子作りの職人

ケーキ屋さんで洋菓子を作っている職人のことをパティシエと呼びます。パティシエになるためには専門学校でお菓子作りの基礎を学ぶといいでしょう。国内外のコンテストもあるので世界中で活躍できる仕事です。